気になる尿漏れは治療で改善できる|原因と治療方法

婦人

病院での検査の流れ

ウーマン

新宿の泌尿器科では、毎日多くの方が利用しています。尿漏れの診察は時間がかかる場合があるので、事前に予約して診察を受けるようにしましょう。また、早めの治療が第一です。もし、尿に関しての相談がある場合は問い合わせてみましょう。

もっと読む

女性専門泌尿器科

病院

埼玉の泌尿器科では、女性専門の泌尿器科があります。今まで男性に診察してもらうことに抵抗のあった女性にとっては女性専門ということで利用しやすくなりました。尿に関して悩みを持つ多くの女性は女性の医師だからこそ気軽に相談ができるようになりました。

もっと読む

梅毒を疑うこと

ドクター

梅毒の検査は、2つの方法があります。梅毒を発症したとしても今の医学の技術であれば、定期的な検査により梅毒を対処することができます。梅毒をそのままに放っておくと、別の病気の併発を起こす場合があるので早めの対処を心がけましょう。

もっと読む

尿漏れの改善方法

看護婦

尿漏れを発症した場合は早期に病院で診察を行うことをおすすめします。一回あたりの尿漏れの量を測定することで尿漏れの初期症状を判断することができます。初期の場合ではセルフケアとして骨盤全体の筋肉をつけるトレーニングを行っていきます。またサプリメントでも症状を和らげることができるので病院の診断後医師に確認するようにしましょう。もし、尿漏れは排尿量が基準値を上回ることで重度症状と判断されるとセルフケアで直すことは難しくなります。そこで尿漏れの改善治療として、骨盤底再建療法で施術をすることがあります。これは、骨盤底を補強し再び活発に活動を促す施術になります。骨盤の筋肉が緩んでいる筋肉ところにメッシュ生地のようなもので支えるのです。そうすることで、内臓がメッシュ生地のものに支えられ尿漏れを改善することができるのです。その他の尿漏れの手術には、膣形成療法もあります。言葉の通り、膣を再び形成してくために膣を強化していきます。具体的な治療は、膣を中央で縫合したり、肛門挙筋の部分の再掲を行います。尿漏れは、筋肉のゆるみや臓器が膣や子宮か飛び出してしまうことが原因です。また多くの尿漏れ患者が使用しているのは高周波になるのです。特に腹圧性尿失禁のときに有効です。幹部に直接高周波の熱を充てて施術を行なっていきます。体にメスを入れる必要がなく、高周波の熱によって患部の筋肉組織が再び再生していくのです。体に負担もなく施術の時間は約30分程度で完成します。