梅毒を疑うこと|気になる尿漏れは治療で改善できる|原因と治療方法

気になる尿漏れは治療で改善できる|原因と治療方法

ドクター

梅毒を疑うこと

ドクター

梅毒はトレポネーマ・パリダムという病原体によって引き起こされる性病です。梅毒の症状は陰部にしこりができたり、リンパ線が膨張してしまうのです。また最終的には心臓や脳、脊髄までも浸食され死にいたるケースもあります。しかし、抗生物質の普及により、梅毒に対して恐れることは無くなりました。ただ近年、同性愛者を中心に梅毒患者が増えてきたのです。また女性の多くが異性間の性交渉による感染も増加しているのです。この状況の中で、女性向けに梅毒の検査を呼びかけるパンフレットが作成されているのです。梅毒の感染を疑っているのであれば、すぐ検査を受ける呼びかけがあるのです。梅毒の検査方法は、牛から採取した抗原を血清の中の抗体に入れることでその反応を見るものになります。また梅毒の病原体を元に様々なテストを行っていきます。そしてその梅毒の反応で陰性か陽性かを判断していきます。梅毒は感染してから梅毒の抗体が見つかるまで約1か月かかります。だから梅毒の疑いがある方は約1か月経過した上で病院に検査を受けに行きましょう。万が一梅毒が発見された場合はペニシリン系抗生物質を中心に治療を行っていきます。完全に梅毒が消えるまで長期的に病院での検査が必要になります。その際に、医師の指導をよく聞き、他人の血液などに触れさせないようにしないといけません。もし、梅毒の疑いがあるのであれば早急に病院にいき検査を行いましょう。そうすることで早期に梅毒の対処ができ、死にいたる重症な病気になることを防ぐことができます。